NEWS&TOPICS

HOME > NEWS&TOPICS > 第44回日本毒性学会学術年会にてシンポジウム発表ならびにポスター発表を行います

NEWS & TOPICS

日本毒性学会学術年会にてシンポジウム発表ならびにポスター発表を行います

第44回 日本毒性学会学術年会が2017年7月10日(月)~12日(水)の3日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催されます。

弊社は、シンポジウム発表として“新規腎障害バイオマーカーの可能性”、 ポスター発表として、公益財団法人実験動物中央研究所との再生医療等製品評価の共同研究“NOGマウスを用いた拡張型毒性試験”、 超小型実験用ミニブタを用いた”マイクロミニピッグの毒性評価“、バイオマーカーを用いた腎毒性評価”ラット7日間反復毒性評価“、 マウスのマイクロブラッドサンプリング技術”マウスPK及び反復毒性試験におけるマイクロブラッドサンプリング“の演題を発表します。
ブースでは非臨床試験、バイオアナリシス、CMC品質分析等、弊社の非臨床分野における幅広いサービス体制をご紹介いたします。
当日は面談やご相談も可能ですので、会場にお越しの際には是非弊社ブース(小間番号97)にお立ち寄りください。

第44回 日本毒性学会学術年会 http://jsot2017.jp/
会場 パシフィコ横浜
シンポジウム発表ならびにポスター発表演題 PDFをこちらよりご覧ください

このページのトップに戻る