事業内容

L-FABP(Liver Fatty Acid Binding Protein)

L-FABPは、CKDやAKIにおける『尿細管機能障害』を反映するマーカーとして、2011年8月に保険収載され、イヌ、サルはもちろんラットでも応用可能な尿中腎バイオマーカーです。
さらにTgマウスを用いた試験を受託できるのは当社のみです。腎保護作用の検討や腎毒性の検出にL-FABPを応用してみてください。

特徴

  • 250-500µLの尿を用いて増感型ELISA法にて測定します。
  • 近位尿細管のストレス性障害を反映します。
  • イヌ・サルはもちろんラットでも応用可能です。
  • ヒトL-FABP遺伝子を導入したTgマウスを使えるのはシミックバイオリサーチだけ!
L-FABP学術サイト
http://www.fabp.jp/

このページのトップに戻る